バイアグラ(ばいあぐら)を使ったらペニスが中学生みたいに元気

バイアグラの解析

意外と知られていないことではありますが、バイアグラは世界初の勃起不全の治療薬なのです。
そして今でも、勃起不全の治療薬ならばいあぐら一択!!というようなコアなユーザーもいるのです。

1990年代、ファイザー社によってばいあぐらの開発プロジェクトはスタートしました。
これもあまり知られていない事実なのですが、もともとは血圧降下剤として研究、開発が始められた成分であるシルデナフィルクエン酸を勃起不全の治療薬に用いたのです。
これにはシルデナフィルクエン酸の臨床試験の結果から、ペニスの著しい勃起が副作用として治験者に見られために、そこに目を付けたファイザーの研究チームにより、当時としてはまったく前例のなかった世界初の勃起不全治療薬の開発がスタートしたという経緯があります。
そして1998年、アメリカでのリリースを皮切りに、翌年1999年にはわが国日本でも医薬品として認可され発売がスタートされました。
その圧倒的な効果から一部では「夢の薬」と呼ばれ、その名を世界に轟かせたバイアグラですが、日本ではあまり良い印象のない医薬品かもしれません。
これは悪質な業者が販売した粗悪なコピー品を通販・購入してしまい被害者が出るなどのニュースが先行した結果かもしれませんね。

しかし、特性を理解すればこれほど劇的な効果を持つ治療薬もないのではないでしょうか。
まず他の治療薬にない特性に圧倒的勃起力があります。
自然に勃起する感覚のレビトラやシアリスとは一線を画し、バイアグラのそれは圧倒的です。
硬度や巨大さであれば、唯一にして無二でしょう。

日本の薬事法では成分量25mgと50mgのものが認可されているので、医療機関で処方されるのはこのいずれかとなります。
しかし海外から100mgのものを通販・購入することが可能です。
未だに粗悪なコピー品が存在するばいあぐらですので、通販・購入する場合は、信頼のできる業者を選び体質にあった成分量のものを選びましょう。
成分量に比例して、効果ももちろんですがほてりや鼻づまりなどの副作用も出やすくなるためです。
重篤な副作用が出た場合は使用を中断しすぐに医師の診断を受けましょう。
一般的な日本人の体格では50mgで十分とも言われています。
また有名なテクニックとして、ピルカッターなどで錠剤をカットし、半分の成分量として経済的に服用するといったものがあります。